#report

何もない人間がホンモノとのボーダーラインを探す記録。

231203_CCM上山田

シクロクロスミーティングシリーズ 23-24第6戦 GP日本金属化工所上山田

追走の顔をしている

 



---Data---

https://ibarakicx.com/

順位(%)

6位/15人出走 [37%]

タイム

+5:31



---BIKE---

バイク:Canyon Inflite [M]
ホイール:astuto EV36 (TL)
タイヤ:IRC シラクエッジ 32C F1.8bar,R1.8bar
シーラント:imeZi +Fibertype 40mL
ギア:フロント42t リア11-32t

IMEZI(イメジ) Thin Type チューブレスタイヤ シーラント500ml

サブ:なし

 

---WEAR---
ジャージ:イナーメ(紺)ワンピース[クロスワンピース]

オーダーサイクルジャージ サンボルト|オーダーウェア

インナー:コメリメッシュインナー+クラフト

レイヤー:イナーメレインジェル

ヘルメット:KASK protone
アイウェア:OAKLEY  Prizm Low light
フットウェア:Giro PRIVATEER LACE 

*クラフトのインナーは脱いでもいいと思ったけどバタバタして忘れた.今季のレース中の体温的には今後も暑いくらい着ても良さそう

---写真---

ishikawaさん,大森さん

リンク

---動画(Youtube車載)---

youtu.be

---レポート---

千曲川河川敷の吹き曝しの中で行われるCCMきってのスピードコース

コースは基本的にやや重めの芝,歩道のアスファルト,花壇を用いた短いドロ区間で構成

単純なコースに思えるが,堀を使った小さな上下の動きと高速コーナーワークが組み合わさっている.どこまでブレーキをかけるか,また小さな木の根等をどう避けるか,コース幅を使い切って速く走ることが必要となる印象

 

 

例年?のことであるが全国区有力選手が出場するため,ローカル戦とは思えないハイスピードの展開が特徴である.

今年は,織田選手,小坂選手が出場,沢田選手・らいと・丸山店長(3人ともDNS)もエントリーとかなり厳しい展開が予想.

スタートは小坂父の後ろ,左端を選択.目標は潰れること前提でスタートペースを体感すること

タイヤのチョイスとしても高速を意識してエッジ(TL)を選択

 

スタートはどちらかと言うと決まらず,特に前に出ることなく,ゼッケン+2番手くらいで最初の泥区間へ.流れに乗って,綺麗に入ったつもりだったが杭ギリギリのインを突かれて,肩当てられてラインから外された.上手すぎんだろってキレそうになりながら(マジかよって声出た)降車して走る.ここの時点でトップは見えない.目標の未達が決定.

少し萎えかけたが,西山さんからの応援で気持ちを保つ.目標は小坂父に再設定して走る.

とにかくコーナー開けでスプリント.長いストレートも10秒足らず踏んでスピードをキープする意識で走る.

グリップする芝だったので,足を回して曲がるのではなくコーナー中に完全に脚止めて回復を意識.

 

野口さん,カイスケ,ソウ,小坂父,若月くん,しんどうくん辺りと入れ替わりながらパックで走行.

10周目に小坂さんを捉えようと攻め込んでマリオカートばりのスリップを決めた以外はミスなく走り,なんとか聖から逃げ切り完走

 

 

悪くない走りだったと好評を頂いたが,実は完走者の中で僕だけ一度も3位の位置を走っていない.守って順当に取れる最高順位をとったと思いたいが,最初の目標からは離れてしまった

 

---以下ポエム---

戻ってきた,この言葉を使えるレース会場があるという幸せを共有したい思いはある.

過去は信州大学自転車競技部が主催したレースであり,商品は弊学部の売店で用意した頃が今や懐かしい.大雨に会場が流され,流行病の開催宣言.四年でノウハウの消失する大学生にこの時間が大きい(何回言うんや)

 

Cogsの皆さんが引き継いでくれて,信大の後輩たちも盛り上がる中,珍しく自分だけの為に準備した当日だった.

「今日は気合が違ったね」

何人に言われただろう.寧ろいつもダメダメなのではと思うほどだった.他人に伝わる走りだったと思いたい.そう思わせてほしい

photo 大森さん



今年最終のレース,JCX能登.頑張ろう

20231105_JCX幕張シクロクロス

 

23-24 幕張シクロクロス

---Data---

https://starlightcross.com

順位(%)

74位/90人出走 [84%]

タイム

-6Lap

 

---BIKE---
バイク:Canyon Inflite [M]
ホイール:astuto Dominator (TU)
タイヤ:Dugast Smallbird 33C F1.8bar、R1.7bar
シーラント:imeZi Thintype 20mL
ギア:フロント42t リア11-32t

IMEZI(イメジ) Thin Type チューブレスタイヤ シーラント500ml

 

---WEAR---
ジャージ:イナーメ(緑)ワンピース

オーダーサイクルジャージ サンボルト|オーダーウェア

インナー:無し

レイヤー:無し

ヘルメット:KASK protone
アイウェア:OAKLEY  Prizm Low light
フットウェア:Giro PRIVATEER LACE 

 

---写真---

うえだ,横山,いとーちゃん各位

リンク

 

---動画(Youtube車載)---

youtu.be

---レポート---

11月とは思えない暑さ,雨も降っていなかったため,コースのおおよそが芝&バサバサの土で構成

コース自体はキャンバーへの侵入角度が厳しくないため,おそらく全乗車可能なレベル感.

一方で硬い芝の路面・絞られた区間も多く「速く,正確にこなす」を繰り返すことに難しさのあるコースという印象.また,1コーナー,一度目の忍者返しが渋滞必須のためそこまでに抜けられるかorその後に芝区間でパワー出せるかが必要となるコース

 

スタート順は50番台.1コーナーに死ぬ気で突入するか,諦めるか非常に迷う位置取り

結局埋もれたため,最初の忍者返し以降で頑張っていく方向性にスイッチする

 

忍者返しで植木にハンドルが引っかかりどうしようもないところまで遅れる.少しずつ抜いていくも結局腰が爆発して終了

 

---以下ポエム---


わたりで痛みので始めた腰.一度のぎっくり腰程度でなんでこんに引きずるのだろうか鬱気味になる.心は腰に宿っているのだ,

実際には痛みでダメになるより,「これ以上痛くなると仕事に差し障る」という恐怖の方が大きいのだと思う.僕は青色労働フルタイムワーカーであり,そこが最優先なのだ

 

とはいえ根本の解決が必要と考え,

・レース&自転車活動を休んで痛みを抑えて,身体づくり(ストレングス)の実施

・外的処置(整体・整形外科)を受けつつレースを続ける

の2つの案を検討し,絶対に根本の解決に繋がらないであろう後者を選択したのであった.

 

 

沈まない

JBCF 南魚沼クリテリウムE2/E3 6周回DNF

f:id:Chan117:20231008114302j:image

本当にいつ振りかの国内レース。白いヘルメットと白いアイウエア、白いシューズはどこまで行ってもお気に入り

 

結果は「当たり前」とも言えるようなDNF

f:id:Chan117:20231008114757j:image

要因は大きく2点

⒈ ドラフティング慣れのなさ

⒉ 5分以上のパワー出す練習の少なさ

とりあえず立ち上がりとか、数発くらいなら持ったけど流れるように走れないし、全然回復もしない。あと直角に曲がれると思ってるのか無理に挟み込んでくるひとも怖い

 

 

 

学生時代から知ってる人にとってぼくが弱いのは当たり前

練習量知ってる人からしたら弱いのも納得

「生活(仕事)が忙しい」なんて当たり前を簡単に乗り越えてめっちゃ強いフルタイムワーカーがいっぱい居る自転車。レース後に樹とぱやおさんとかりんちゃんと(嫌々)試走したけど、やっぱ強いってカッコいい。カッコよければ頑張れる気がするので強くなろうと思う

 

 

 

Why We Choose to Suffer

Kansei

 

 

多くは語るまい,僕がコロナで死んでた時に「ニセコでの仕事無くなったんで新潟行きます.カケルさんいますよね??」

そんな事を言って現れたこの男は4ヶ月程度でどれだけの夢と思いを語ってくれて,僕の思いを聞いてくれたのだろうか.

あと,一人でいないとお金は貯まらんのよ

金は貯まらん理由は,稼ぐことより使うことが優先されるからだと思います.ただ,goproはハイパーメディアクリエイションには必要です

 

 

自転車に乗ると苦しい,しんどい.じゃあ何故自転車に乗るのか.答えくれた気がします.

 

 

ということで夜練

4/10 1h 28km

4/11 1h 29km

暗すぎてどうにも練習にならないけど,やらなければもっと練習にならない.

 

 

狙いのセグメントで言うと2分40秒 380w

もう少し出るねきっと

 

zwiftなら頑張れると思って取り組んでたけど,やっぱ自転車は走らせるのが気持ちいよね.

暗すぎるけど